composerTAKA’s diary

日常生活においてお役に立てそうなことを発信しております。

何故集中力が続かないんだ… それならTickTime を使ってみては?

自分がよく視聴しているYouTuberさんが使っていたのを観て1か月前に購入してしました。結論から申し上げますと買って正解だったと思います。正直ちょっとお高かったですが笑 今回は「新時代のデジタルタイマー」TickTimeを一ヶ月間使用してみた感想&自分なりの活用法を紹介したいと思います。

www.amazon.co.jp

「新時代のデジタルタイマー」TickTimeとは?

f:id:composerTAKA:20210608225739j:plain

サイコロのように自分が設定したい時間の面を上にするだけで、あとは勝手にカウントダウンをしてくれる優れものです。上のボタン2つ(上記写真左参照)で自由な時間設定、アラームの音量調整が出来て操作もすぐに慣れることができます。

これから自分が実践したオススメの活用法をご紹介したいと思います。

特に集中力に自信がない方「15分作業 5分休憩」から始めてみよう

f:id:composerTAKA:20210608230040j:plain

「ポモドーロ・テクニック」ってご存知でしょうか?効率的な作業方法や集中力を上げる方法の一つで本やサイト検索をしたことがある方なら一度は聴いたこと実践した方もいらっしゃるのではないでしょうか?簡単に言ってしまうと「25分の作業+5分の休憩」を4サイクル繰り返し30分休憩するという方法です。以前私もアプリ入れて実践したことがあるのですが情けないことに25分の作業も続けられませんでした。

 

なので私のように本当に集中力の無い方(自信の無い方)はまず「15分作業 5分休憩」がから始めてみることをオススメします。注意点ですが、作業しているときは基本、YoutubeやAmazonVideoを観ながらとか、いわゆるながら作業はやめましょう。理由は作業と休憩のオンオフをつけることが集中力を上げる第一歩だからです。たった15分の作業であっても時間内でどれだけ作業を進められるか、途中に集中力が切れてもあと残り5分で休憩だと再度作業に意識を向けられるようになります(とっても大事)。これを何日が繰り返していくと20分作業に設定しても苦も無く取り組めるようになってきます。この段階来たら、以前より作業がこなせるようになるはずです。ちなみに休憩時間は何をしたら良いか?自分は基本何もせずにボーっとしています。もしくはトイレに行く、飲み物を取りに行くなどの少なくともPC・スマホからなるべく離れるように意識しています。理由は脳をデフォルト状態にするためです(これは別の機会に記事にしようと思います)。

つい最近まで集中力の無さに嘆いていました

f:id:composerTAKA:20210608230430j:plain

学生の頃から50分ですら勉強に集中できなくて、よく両親や先生に怒られていました笑。社会人なった今でも、それは変わらず、集中力を上げられる書籍を探しては読んだこともありましたが、一向に改善しませんでした。TickTimeに出会ったことが集中力が上がったきっかけになりましたが、自分にとって合う方法を見つけてこなかったのかなと思います。

 

TickTimeは作業以外にもちょっとした仮眠をしたい時、カップ麺を食べるときにも重宝します。デザインもかっこよく作りもしっかりしていて、 一回のUSB 充電で長時間使用することが出来ます(取説には最大10時間可能)。デメリットは冒頭にも書きましたが約6000円(※現在、価格変動しております)と少々お高いです。そんなにお高いならキッチンタイマーでも良くない?と思われる方もいらっしゃると思いますが時間設定を決めてからボタンで操作するのを何度も行わなくてはいけません。作業と休憩の時間を自由に設定出来ることは、その度に意思決定をしなければならないため、今日の作業は15分にしようか…でも調子が良いかいから20分にしとこうか。(20分終了後)休憩は…とりあえず5分…いや10分にしよう…と無駄な意思決定にエネルギーを使ってしまいます。なので少々お高くともそれに見合うものだと思いますので、作業効率を上げたい、集中力を高めたい方に是非ともオススメ致します。