composerTAKA’s diary

日常生活においてお役に立てそうなことを発信しております。

今年のゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークも去年と同様どこにも出かけませんでした。

 

曲作りに没頭しようと思ったのですが、折角なので、普段やらないことをしようと思い、読書・オンライン飲み会

 

そして先月、新しくTVを購入し、同時に「Amazon Prime Video」に加入したことを思い出して、そうだ映画でも見ようかと。

 

「ぼくは明日、昨日のきみとデートをする」

f:id:composerTAKA:20210507004719j:plain

 

www.amazon.co.jp

を観ました。

 

実は映画は公開前から知っていて、休日たまたまTVを観ていたらBack numberさんの「ハッピーエンド」のMVと映画の番宣が流れてきて…楽曲の良かっただけでなく、唐田えりかさん、なんて美しい人なんだろうと思いました。

 

公開されたら絶対に観に行こうと思っていましたが何故だかすっかり忘れていて結局映画館で観ることは出来ませんでした。

 

Prime Videoでいざ観ようと思ったとき、何故だか例の事件(ここではあえて触れません笑)を思い出してしまい、ちょっと複雑な気持ちになって、どうしようか迷いましたが、作品と主題歌には決して罪はないので笑 再生ボタンを押しました。

 

開始直後、作品の雰囲気に引き込まれ、終わるまで本当にあっという間でした。ストーリーの内容を書いてしまうとネタバレになるので、詳しくは書けませんが、福士蒼汰さん、小松菜奈さんの恋愛描写、京都の街並み、松谷卓さんの楽曲がとても素敵な作品だと思いました(終わった後もSpotifyで何度も楽曲を聴いてしまいました)

 

東出昌大さんも出演していて(主人公の友人役)とても素敵な演技をされており、これからも活躍していただけたらと思うと少し複雑な気持ちにもなりましたが。

 

ストーリーもかなり凝っていて、是非とも2回以上観ることをお勧めします。主人公・ヒロイン視点の気持ちがより分かって感動が増すと思いますよ。

 

緊急事態宣言、蔓延防止の規制が解除されたら、伏見稲荷大社宝ヶ池公園三条大橋に行ってみようかなと思います。